■ブログ内検索

■プロフィール

株高

Author:株高
さかにっぽ&特別売り気配による株式サークル「株高」の情報です。
コミックマーケット等に参加しています。

■カテゴリー
■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■FC2カウンター
■FC2ブログランキング
■リンク
■RSSフィード
■宣伝
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
C73の投資本達(商品先物・株・FX)
せしめてきたコミックマーケット73の投資本を紹介します(苦情・訂正はコメント欄からお申し付けください)。

基本的に新刊のみです。
既刊については株けっとレポC72レポC71レポあたりのうち売り切れていない本が並んでいたとお考えください。(「カリン島ネットワーク」さんの株ケット本は投資島のどこかに委託されていたと思います)


★ジャンルごとにいきます。まずは「商品先物取引」
ちらちらと影が見え隠れする業界を、元・中の人が暴露する系統で大人気ですね。

C73miya
「宮島大社」さん。新刊「SAKINNAD」
先物営業マンの生態本。
営業電話って机の下に潜りながらするもんなんすね。ナニワ金融道やミナミの帝王ではわからない現実がここに。
あと電話営業トークの実例集やら入社時のやりとりなどがつづられています。たまにCLANNAD風味のふりかけが。
「ぷち最悪です!」ねホンマ(本は面白いです)。


C73kaki
「蛎殻町25時」さん。「外務員度チェック解体新書β版 コミケ限定版」
よくあるチェックものですが、その項目で何かが見えてくる内容になっています。
ゆかい(他人事なら)
自分の場合517点(主任クラス)でしたのでまず真人間なのではないでしょうか。ほほほ。
なお、このチェックは携帯でもできるとのことで、urlも載っていますが当方では責任持てないので、この本を持ってないけどチェックしてみたいという方は蛎殻町25時さんのサイトでお問い合わせください。


★つづいて「株」。紅茶は遠くかすんで見えない。

「猫みるく」さんは東方の本でしたので、ここでは紹介しません。画像等、猫みるくさんのサイトでみられますので気になる方はそちらをご参照ください。

C73tei

「帝国経済」さん。新刊「TeikokuKeizai 2007Winter」
こじつけ萌え株紹介と香港株を現地口座で取引してみた、の2本建て。
前者はなじみ深い銘柄をあえて外したセレクトで、米国株が21銘柄中15銘柄を占めています。
後者はHSBC(香港上海銀行)の口座の作り方と注意点です。
私は両方とも詳しくないのでつっこめません。


C73mak
「ゲームいろいろ情報(まこなこ)」さん。新刊「まこなこ2007年冬」
前回、夏の本が2003年までの取引で、今回が2004年以降2007年に至る取引の話です。
700万損とか600万損とか、損の話しか書いて無くてめっちゃ不安になるんですが!

合計額は書きませんが、いくら本業で儲けててもこれはどうなのかと。株で儲けた話が書いて無くてアレというのは珍しいパターンです。
次はゲーム系に戻られるとのことで、この不安が解消されることはないようで残念です。


C73mis
「ミスパーカー」さん。新刊「ぼくらの・・・IR説明会」
IR説明会本。株主総会本ではありません。
IR説明会ということで、総会よりぐっと企業と参加者の距離が近い感じです。
この本ではいろいろな会社の「社長の人となり」「おみやげ」の2点が詳しく描写されてます。
資産フォーラム(何社も集まるIR説明祭り)って土産の狩り場だったんすか。行きたくなってきました。


C73inc
「インコンパラブル」さん。新刊「マニア株主逡巡記2006/2007年版 合本」
定番の株主総会レポートの総集編です。
コミケに行く層はみんな大好きバンダイナムコ・ブロッコリー・コナミあたりが収録されていますので持っていない人は買うと良いです。
質疑応答がね、ホントおもしろいんすよ。


★さて最後に控えしは「FX(外国為替証拠金取引)」

C73nan
「下手なナンピン怪我のもと」(リンクは絵師さんサイト)さん。新刊「強制ロスカットの恐怖」。
あいかわらず表紙がキャッチーなのがとても有利です。で、中身も面白い。
FXやってる方、多少でも為替を気にする方は皆ご存じでしょうが、まさに夏コミのころ為替が激変して大損こいた人がたくさんいました。それまでのめちゃ甘い夢が一瞬で破れました。
その体験記。強制ロスカットのダブルパンチ。
チャートでの取引解説・公開と反省。ネタのカットイン・オチの斜め大逆転など大変よい本です。
書き手のヴァルさんは早くサイトかブログを作るべきだと思います。


C73jin
「人楽研」さん。新刊「2007年一年間の資産推移」
FX・投資信託による個人的な資産推移を月ごとにつづったものです。
なかなか興味深い。序文にある「低レバレッジでも収益性は結構あることを示す」のに成功していると思います。
今回は無料配布でサークルさんとのコンタクトは取れなかったですが、この内容でもう少しふらませたらかなり面白い本になると思いました。


C73kab

「株高」の新刊「FXやらないか」
「株やらないか」のFX版ですね。
FX入門編。流れは書いたから、詳しくは市販の本でも見て勉強してよ、と無責任なようで責任感ある姿勢。
投資は自己責任で。


あとは、事前にチェックしたサークルさんの動向など。
桃熊薬局さんは新刊は政治のほうで、株はなかったようです。
九枚笹さんは、スペースには行ったのですが、人も本もなかったので早くに帰られたかなにかと思います。うちが変なこと書いたから居づらくなった、なんて事はないと思います。おそらく。

ほかに何か情報があれば、それもコメント欄からお知らせください。それでは。

スポンサーサイト

テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

コミケ | 23:59:39 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。